ブラウザー:米国で『IE』のシェアが9割切るというニュースより。

米ウェブサイドストーリー社は2月28日(米国時間)、米国でのブラウザーのシェア推計を発表した。それによると、2月18日時点ではモジラ財団の『Firefox』(ファイヤーフォックス)が5.69%に上昇する一方、『インターネット・エクスプローラ』(IE)が89.85%となり、9割を下回った。

なんですとー!

2004年6月時点では95.48%だったIEのシェアが、ついに89.95%になり9割を下回ったというニュースです。一方、Firefoxは11月9日に正式版が公開されて以来、人気が急上昇しているということで、年末までにシェア10%を獲得する可能性も出てきたとのこと。