ニッポン放送、フジテレビに新株予約権を発行〜ライブドアの買付に対抗というニュース。

ニッポン放送は23日、フジテレビテレビジョン(フジテレビ)に対して第三者割当による新株予約権の発行を取締役会で決議したことを明らかにした。新株予約権が行使された場合には、フジテレビはニッポン放送の4,720万株の新株を取得することになる。

「ニッポン放送がライブドアの子会社となり支配下となった場合には、フジテレビおよびフジサンケイグループ各社が取引を中止する意向の申し入れがあった」ため、「企業価値の維持と公共性の確保」のために新株予約権を発行したそうです。なんだか、なんでもありの様相を呈してきたような気がします。

現在のニッポン放送の発行済株式数は3,280万株で、フジテレビが新株を取得することでニッポン放送はフジテレビの子会社となる。ライブドアは、8日にニッポン放送の株式を1,153万9,930株(発行済株式数の35.15%)取得したことを公表しており、今回の措置はこれに対抗するもの。

■関連記事

ライブドアが東京地裁に差し止め申請

ニッポン放送株の取得合戦で、ネット関連会社のライブドアは24日夜、ニッポン放送がフジテレビジョンに新株予約権を与えることを決めたことに対し、予約権発行の差し止めの仮処分を東京地裁に申し立てた。ニッポン放送株をめぐるフジテレビとライブドアの買収合戦は、法廷闘争という新たな段階に入った。