電子切手サービス「Stamps.com」、手軽さとカスタムサービスで快進撃という記事より。

インターネット経由で切手を購入して、そのまま手元で印刷できる電子切手サービスを提供する米Stamps.comが2月17日(米国時間)、前年同期比83%増の1,170万ドルの売上という、同社の2004年第4四半期決算報告を行った。この報告を受けて同社の株価は急騰、前日に15.61ドルで取引を終了した同社の株価は、取引の終了する東海岸時間の午後4時の時点で18.18ドルを記録している。

記事では「長らく低迷の続いていた米国のハイテク系サービス業界で、Stamp.comは久々の大ヒットとなりそうな勢いだ」とも。

記事にもある通り「Stamps.com」がITバブル崩壊直前の1999年に設立されました。「インターネット経由で切手を購入し、それを送付ラベルなどとともにプリンタで印刷するだけという非常にシンプルなサービス」で、個人からビジネスマンまで38万人以上のユーザを獲得しているそうです。

PhotoStampsとは、デジカメで撮影した写真など、ユーザーの好きな画像をPhotoStampsのセンターにアップロードして、自分オリジナルの図柄の切手を作成できるというサービスだ。

オリジナルの切手が作成できるというのは楽しいですね。日本では至るところに郵便局があり、さらにコンビニでも切手を買えたりするので、あまり切手を購入する手間とか考えたことがありませんでした。