ヤフーが音楽配信に参入へ、レーベルゲートと提携、7万3,000曲からという記事より。

ヤフーは、音楽配信のレーベルゲートと提携、音楽配信事業に参入する。レーベルゲートの提供する音楽配信サービス「Mora(モーラ)」を利用し、ポータルサイトYahoo! JAPAN内の「Yahoo!ミュージック」で、早ければ2月中にもダウンロード販売を開始する。

楽曲は、メジャーレーベルを中心とした39レーベル、約73,000曲が用意されるそうで、楽曲の値段、音楽プレーヤーへの転送などはMoraに準じるそうです。購入にはYahoo!ウォレットを利用するとのこと。

同社では、従来のCD購入から、ダウンロード販売までコンテンツを増やすことで、ユーザーの利便性向上と業界の活性化を狙う。

ついにYahoo! が提携とはいえ音楽配信事業に乗り出す訳ですが、この分野は活性化しますかね?

■関連記事

ヤフー、音楽配信サービス開始へ

「Yahoo!ミュージックダウンロード」では、ポニーキャニオン、東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパンをはじめとするメジャーレーベル中心の全39レーベルから、約7万3000曲の楽曲を用意する。ほぼ全楽曲が試聴、購入可能で、サービス開始後も順次楽曲が追加される。

Yahoo! JAPAN、レーベルゲートと提携して音楽配信サービスを開始

同サービスの開始時には、ソニー・ミュージックエンタテインメントや東芝EMI、ヤマハ、ワーナーミュージック・ジャパンなど全39レーベル、合計約73,000曲の配信を予定するという。また、サービス内容はMoraに準じ、楽曲料金は1曲158円~368円で配信形式はATRAC3。オーディオプレーヤーなどへの転送回数制限も、Moraと同様になる。