NYタイムズがネット会社買収、広告収入源多様化へという記事より。

米ニューヨーク・タイムズ社は17日、様々な分野の専門家がインターネットの水先案内を行う情報サイト「アバウト・ドット・コム」を出版大手のプライメディア社から4億1000万ドル(約430億円)で買収することで合意したと発表した。

NYタイムズが1993年に買収したボストン・グローブ紙が11億ドル(約1,160億円)だったということを考えると、月間2,200万PVのAbout.comが430億円というのは意外にリーズナブルなような気がしました。うまく広告出稿を繋げていけば、すぐに元が取れそうな気もします。

ちなみに、NYタイムズでは既に40以上のサイトを持っているとのこと。日本で同様の展開をしている企業は‥‥ライブドアとかなんでしょうかね。