広島のネットライブが大成功という記事より。

楽天、ソフトバンクというIT企業球団に先駆け、広島がキャンプ初日からインターネットでの無料ライブ中継を始めた。中国放送と協力し、球団HPなどで春季キャンプの練習風景や選手のコメントを動画配信している。

本当は同様のことをしたかったはずの楽天、ソフトバンクに先駆けて、広島が春季キャンプの無料ライブ中継を始めたそうです。しかもそれが大成功を収めているとのことで、地道に活動ではありますが、ファンが本当に求めているのは、こうした活動の積み重ねなんですよね。

縁遠かったITをソフトバンク、楽天に先駆け導入した背景には球団存続への危機感がある。独立採算型の広島は、高年俸選手のFA放出などで黒字経営を続けてきた。だが今季は交流試合導入で巨人戦が6試合減り、1試合1億円といわれる放映権収入の大幅ダウンは必至。03年の純利益が8280万円だった球団にとっては危機的状況だ。

広島は独立採算型なんですね。「三塁ベンチ前に置いた有人カメラ1台だけでの撮影」だそうですが、サーバがパンクするほどの人気だったそうです。「これなら広告媒体としての効力もアップ」しますよね。

広島東洋カープ