SNS「mixi」に初の有料機能 収益源多角化へというニュース。

イー・マーキュリーは1月27日、無料のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」に月額315円の有料サービス「mixiプレミアム」を追加した。フォトアルバムやアンケートなど付加機能を利用できるほか、日記容量が拡張される。サーバ負荷の高い機能を有料で提供し、収益源の多角化と安定運用につなげる。

ついにmixiに有料オプションが登場しました。ベータバージョンから正式バージョンになる前に、有料オプションが登場してしまいましたね。

有料オプションでプレミアムユーザーになると、

・合計100Mバイトまで画像を公開できるフォトアルバム
・日記テキストをワンクリックで装飾できる「簡単日記タグ」
・参加コミュニティ上でアンケートを行える機能
・mixiに届いたメッセージを携帯電話から送受信できる機能

といったメリットが享受できるそうです。

・フォトアルバムはFlickrを使っている
・日記の装飾は必要ない(しかも使用容量が0.0MBだった)
・アンケートの予定はない
・携帯電話でmixiを使っていない

以上の理由から、今回の有料オプションは見送りました。とはいえ「サーバ負荷の高い機能を有料で提供」ということを考えると、ぼくのようなライトユーザはあまり関係ない、とも言えるかもしれません。

笠原社長は、4月ころまでに全ユーザーの5%がプレミアムサービスに加入すると見込んでいるそうです。1月27日現在のユーザ数は315,000人で、5%弱が加入すると想定すると1ヵ月に500万円の収入が見込まれます。太いですね、これは。ちなみに収益はサーバの安定化やインフラ投資、スタッフ増強などにあてる計画とのこと。

どのくらいの利用者が有料オプションを利用するのか、興味あります。有料オプションを申し込む人は、概ねヘビーユーザと考えてもいいのかな?

■関連記事

mixiが有料オプションサービス、フォトアルバム機能や容量拡張など

mixiプレミアムに合わせて、無料サービスの容量上限も発表された。これはmixiの負荷予測を正確に行なうと同時に、基本機能を今後も無料で提供するための施策で、容量は利用状況調査とヘビーユーザーを中心としたヒアリングから決定されている。

イー・マーキュリー、SNS の「mixi」で有料オプションを開始

イー・マーキュリー代表取締役の笠原健治氏によると、100MB 以上のデータを利用しているユーザーは「わずか十数人程度」とのことだ。60日以上前のメッセージにアクセスするユーザーに関しても同様である。必要としているユーザーはごく少数であり、そこは有料化でカバーする考え。なお、容量をオーバーした場合、新たな書き込みが禁止されるため、データが消去されることはない。