「ヤフオクのシステムに問題」詐欺被害者らがヤフーに損害賠償訴訟するという記事。

Yahoo!オークションでの商品未着などの詐欺被害に対してヤフーでは、最大50万円まで補償する制度「Yahoo!オークション補償」を設けている。しかし、原告団では「補償規定を前提としても、被害者が多発するシステムの構築法そのものに瑕疵がある」として、2005年3月末までに名古屋地方裁判所にヤフーを提訴する予定だ。

幸いこれまでオークションで詐欺に遭ったことはないのですが、仮に遭ったとしてもオークションの場合は自己責任かなぁ、とも思っていたのですが、詐欺被害に遭遇してしまった人からすれば、やはりシステムに問題がある、ということで納得できない部分が大きいかもしれません。「落札者と出品者の取引を円滑に行なわせる義務があり、商品未着などの事件は債務不履行にあたる。また、多くの被害者から通報を受けたにも関わらず問題のあるオークションシステムを放置したことは注意義務違反だ」と代理人を務める弁護士。

水野氏によれば訴訟の公表以来、全国各地から問い合わせが寄せられているという。訴訟の委任状についてもすでに10数名から送付されており、最終的には100名以上の原告団となる見込み。請求金額は1,000万円以上になるとしている。

こういうニュースが報じられると、さらに原告団がふくれあがる可能性はありそうです。ヤフーでは「オークションを悪用した詐欺に対しては、考えられる限りの防止手段を実施している」とコメントしています。

集団訴訟原告団募集サイト