ウエブ学科人気、志願4倍増も 楽天・ライブドア効果かという記事より。

新年度の入学生募集をしている専門学校で、ウエブ関係の学科を希望する高校卒業予定者が急増している。プロ野球界に新規参入を表明した「楽天・ライブドア効果」が大きいとみられる。フリーターやニートが急増する中、専門学校は、学科選びが職業選択に直結するため、学科の栄枯盛衰は、時代を映す鏡にもなっている。

最近の専門学校にはウェブ学科なんていうものがあるんですが。簿記の専門学校でHTML講座をしたことはありましたが。

希望者数人に理由を聞くと、「楽天やライブドアのようなネットビジネスの経営者になりたいから」と答えが返ってきた。ちょうどそのころ、プロ野球選手会が初のストを決行、球界に新規参入の意思を表明したライブドア・堀江貴文、楽天・三木谷浩史両社長が「東北行脚」をしていた。

ネットビジネス経営者になるのにウェブ学科はちょっと違うんじゃないかという気もしないでもないですが、きっかけはなんであれ、どのように変わっていくか分かりませんからね。「企業側の求人数が減った」ために、2006年度からの募集を一度停止している専門学校があるというのは気になります。その後、再開したそうですが。

かつて、ホテルのテレビドラマがはやれば、ホテル従業員を養成する専門学校が人気を集めた。人気俳優がカリスマ美容師に扮したら、美容専門学校がもてはやされた。

テレビの中の話ではなくて、三木谷社長とか堀江社長を見て、ですからね。マネーの虎の視聴率が良かった頃も、やはりどこかに影響を与えていたんでしょうかね。