急速に広まる『ポッドキャスティング』という記事より。

急速に広まりつつあるこの技術を使えば、登録しておいた情報を基に、カリー氏のオリジナル番組のような音声コンテンツを自動的にMP3プレーヤーにダウンロードできる。

アメリカでは、

昨年10月のある時期、『Google』(グーグル)で「podcasting」を検索(日本語版記事)したところ、結果は6000件に満たなかった。今では約74万4000件のヒットがある。

というように急速に普及しているようですが、ポッドキャスティングを判断するには時期尚早だとして「土の中から葉が3枚生えてきた時点で生態系を評価するようなものだ」というコメントも紹介されています。

それでも、この記事のためにインタビューに応じてくれた人々の多くは、今後レコーディング技術のコストが下がり、ポッドキャスティング技術の使い勝手がよくなっていくことからしても、将来ポッドキャスティングが音声放送の中心になるだろうと考えている。

可能性はとても大きそうですね。ただ、ぼく自身も「ポッドキャスティング」は試したことがないので、どのような可能性があるのか、に関しては分からない部分が多々あります。