「Yahoo! Internet Guide」誌の「Web of the Year 2004」受賞サイト決定しています。

同誌のWeb of the Yearは今年で9回目を迎え、今回は一般からの投票により全15部門のベストサイトを選出した。インターネット視聴率などをもとにあらかじめノミネートしたサイトについて11月18日から21日まで同誌サイトなどで投票を受け付け、14万6,355票が集まった。

■Web of the Year 2004 各賞受賞結果(有効投票総数: 146,355票)

<カテゴリ> 順位 サイト名

<新人賞>
1) Yahoo!知恵袋
2) おとりよせネット
3) livedoor Blog

<話題賞>
1) 電車男
2) 冬のソナタ
3) 世界の中心で、愛をさけぶ

<ポータル賞>
1) Yahoo! JAPAN
2) Google
3) livedoor

<ニュース・メディア部門>
1) フジテレビ
2) asahi.com
3) NIKKEI NET

<オンラインサービス部門>
1) Yahoo!メール
2) 楽天広場
3) Hotmail

<ショッピング・オークション部門>
1) Yahoo!オークション
2) 楽天市場
3) ECナビ

<旅行・チケット予約部門>
1) 楽天トラベル
2) じゃらんnet
3) えきねっと

<コンピュータ・インターネット部門>
1) 窓の杜
2) Vector
3) シマンテック・セキュリティ・レスポンス

<エンターテイメント部門>
1) ハンゲーム
2) Yahoo!ゲーム
3) あいのり

<生活情報部門>
1) ぐるなび
2) 伊東家の食卓
3) えきから時刻表

<スポーツ部門>
1) スポーツナビ
2) nikkansports.com
3) 日本野球機構オフィシャルサイト

<懸賞・得するサービス部門>
1) 5050jp
2) ふくびき.com
3) Chance It!

<コミュニティ部門>
1) 2ちゃんねる
2) 価格.com 口コミ掲示板
3) Yahoo! 掲示板

<マネー部門>
1) イーバンク銀行
2) 郵便貯金ホームページ
3) ジャパンネット銀行

<ブロードバンド部門>
1) Yahoo!動画
2) BIGLOBEストリーム
3) スカパー!BB

いつかネタフルもエントリーされてみたい。

■関連記事

「Web of the Year 2004」でライブドアが躍進

球界への参入を発表して話題になったライブドアの躍進が目立った。新人賞3位に「livedoor Blog」が、ポータル賞3位に「livedoor」がランクインしている。

「Web of the Year 2004」の授賞式、ひろゆき氏ら著名人が集まる

来年の「Web of the Year 2005」については「ブログ、ブロドラ(ブロードバンドドラマ)、ベースボールの“3B”がポイントになる」と指摘。「個人的には、近日中にスタートが噂されている『iTunes Music Store』に代表される音楽配信、ソフトバンクや楽天が参入してブロードバンド配信されるであろうプロ野球中継、そして2005年3月から開始する愛知万博などが注目されるのではないか」と予想した。