Mozillaから生まれたWebオーサリングソフト「Nvu」のベータ版が公開されました。

Nvu Projectは2日(現地時間)、Mozillaから派生したWebオーサリングソフト「Nvu 1.0 Beta(プレリリース版) 」を公開した。現在同プロジェクトのWebサイトには、ソースコードのほか、WindowsとLinux x86(Linspire、Fedora2、Debian)、Mac OS Xに対応したバイナリが用意されている。NvuはMPL/LGPL/GPL準拠のオープンソースソフトウェアであり、再配布を含め自由に利用できる。

Nvu

Mozillaから派生したWebオーサリングソフト「Nvu 1.0 Beta(プレリリース版) 」だそうです。Nvuは「new view」の略で「エヌビュー」と発音するとのこと。そういえば、NetscapeにはWebオーサリングの機能とかありましたね、かつて。「元NetscapeソフトウェアエンジニアのDaniel Glazman氏が、MozillaのHTMLエディタ機能(Mozilla Composer)の開発を引き継いだ」ことに始まっているそうです。やはり。

サイト管理機能もあるそうで、高価なHTMLエディターを購入せずとも、こうした製品を使えるようになるのは嬉しい限りです。オープンソースということで、日本語版の開発も進んでくれるとなお嬉しいですね。ウェブサイトではFrontPageとDreamweaverがライバルと書いてあります。

■関連記事

Mozillaから派生したWYSIWYGなHTMLエディタ「Nvu 1.0」ベータ版発表

Mozillaプロジェクトの枠内でもHTMLエディタが開発されているが、Mozillaが必要としているのはメールクライアントに必要なHTMLエディタと考えられる。それに対してNvuは、インターネット初心者でも使用でき、かつ本格的なHTMLエディタを開発することを目標としており、あくまでMozillaプロジェクトとは別の方向性を維持したい考えだ。