アマゾン、携帯電話で商品バーコード読み取って検索/注文可能にという記事より。

Amazon スキャンサーチは世界のAmazonグループの中でアマゾンジャパンがほかに先立って導入したサービス。ユーザーはまずAmazon モバイルのサイトから、専用Javaアプリケーションを携帯電話機にダウンロード。アプリケーションを起動後、書籍、音楽CD、家電製品、おもちゃなど、手元にある商品のバーコードを撮影すると、画面上に対象商品の詳細を記述したページが表示される。それらの情報を確認しながら、そのまま買い物が行えるというサービス。

携帯電話向けのサイトを「Amazon モバイル」とし、「Amazon スキャンサーチ」機能が追加されました。「Amazon スキャンサーチ」の使い方としては、

・電球や浄水器などの消耗品が切れた場合にすぐに注文できる
・友達が持っている本やCDが簡単に注文できる

といったことが挙げられているのですが、本屋の店頭でバーコードを撮影して注文する人も出てきそうですね。実物を確認して、その場でインターネットで注文となると、本屋にとっては迷惑な話かもしれません。

現在、Amazon スキャンサーチを利用できるのはNTTドコモのiモード対応携帯電話機の一部。ただし、Amazon モバイル自体はボーダフォンライブ!、EZwebの各インターネット・サービスからも利用できる。

■関連記事

お店でパシャリはOK? Amazon、商品バーコードをカメラで読み取るiアプリ

書店などで書籍を携帯で撮影していると、電子万引きなどと間違えられるなどの心配はないか、という問いに対し、「書店とAmazon.co.jpのユーザーはクロスオーバーしており、Amazon.co.jpが書店に訪れるお客の情報源になっているという認識が書店側にもある。心配していない」とした。