Match.com、日本国内で正式サービス開始〜発表会には牧瀬理穂も登場だそうです。

世界的なマッチングサービス大手のMatch.comは17日、日本国内で正式サービスを開始した。登録は無料でできるが、マッチングの申し込みには月額3,500円の利用料を支払う必要がある。支払方法はクレジットカードのみで、カードによる本人認証も行なわれる。

Match.com Japan

いわゆる“出会い系”なのですが、日本ではあまり良いイメージがないため、新たに「マッチングサービス」というジャンルの認知度を高めていきたいとしているそうです。マッチングサービスという言葉が広まるか否か、ですね。

Match.comは、1995年にスタートし、現在のところ32カ国246地域18言語のユーザー1,500万人が登録。日本でも2002年の「MSNパーソナルズ」を皮切りに、AOLやSo-net、teacupなどのポータルサイトにサービスを提供している。

老舗かつ大手ですが、とはいえ100%の成功が保証されていないのも事実。どうなりますか。正直、自分自身にはあまり関係ないサービスなので、少しテンション低めで(笑) あ、でもマイクロソフトの人が「結婚相手だけではなく、友人や仲間など幅広い目的に利用してほしい」と言っている。でも、それに月額3,500円は高いかな。もし同好の士を見つけたいならば、今ならmixiで十分かも。

■関連記事

“真剣交際”が売りのマッチング最大手「Match.com」、国内で本格展開

これまでの試験サービスでは、国内会員は専門職や四年制大学卒の割合が高いのが特徴だったという。国内の成人独身者人口は約3300万人とされるが、インターネット普及率の高さに比べ、マッチングサービス市場は未成熟。安心かつ真剣にパートナーを探せる「まったく新しいサービス」として浸透を目指す。