グリー株式会社 会社設立についてによると、なんと開発者の田中さんが社長に就任し、株式会社化されたことが発表されています!

今後、既存の利用者様の利便性向上や更なる利用者数の増加に対応していくために、運営体制の検討を行った結果、運営会社としてグリー株式会社を設立することになりました。

GREE

おめでとうございます、田中さん!

本人もおっしゃっていますが、

友達から友達へとグリーをご利用下さる方の人数は急増し、システム開発やサポートなどの面で、対応が必要になってきました。

ということで、より良いサービスとなるために株式会社として新たな道を歩まれるそうです。ここまでよく個人で運営されてきたな、という感じもありますね。新たなスタート、頑張ってください。

新会社に運営体制を移行させることで、より使いやすく、役立つサービスを目指して、改善していきたいと思っておりますので、引き続き、ご指導ご支援いただければ幸いです。

12月中の会社設立を目指しているそうです。楽天が10%出資し、共同設立という形を取るそうです。プレスリリースでは「当社グループとしても、これまで拡充を進めてきたインターネットを利用したサービスとの親和性が期待されることから、同社株式の一部の取得を決定いたしました。」と述べられています。

楽天株式会社 プレスリリース(PDF)

■関連記事

楽天、SNS「GREE」を運営するグリー株式会社を共同設立

GREEは、既存会員からの招待でのみ参加できるSNSで、現在は田中良和氏による個人運営でアルファ版サービスが提供されている。GREEのユーザー数は2004年2月のサイト開設から11万人の登録者を獲得しており、楽天では今後GREEの成長戦略を推し進めるために株式会社化に至ったと説明。楽天が拡充を進めているインターネットを利用したサービスとの親和性が期待されることから、同社株式を一部取得したとしている。

「グリー」設立 - 楽天、ソーシャルネットワーキングサービスに資本参入へ

楽天は日記・ブログサイト提供サービスとして「楽天広場」をすでに有しており、主婦層などアフィリエイトサービスを積極的に利用するユーザを多く抱える。同社では楽天の事業とGREEのサービスが人脈・人の輪という側面で親和性が高いとしており、会員数11万人のGREEユーザを、GREEのレビュー機能などを利用して、アフィリエイトサービスの積極的な利用へと誘導することなどを期待しているという。また、楽天広場とGREEの類似性に関しては、ユーザ層の違いから競合関係にはならないのでは、とする。