スパム送信の兄妹に有罪判決、兄は懲役9年という記事より。

陪審員は、追跡不可能なルーティング情報を使って詐欺的なメールを送信した3件の容疑について有罪を言い渡し、ジェレミー・ジェインズ被告(30歳)に9年の懲役刑を、ジェシカ・デグルート被告(28歳)に7500ドルの罰金を科すことを勧告した。

スパム送信で懲役9年。これでスパム業者が減るでしょう? それともますます手が込んでくるのか。ちょつと試しに、という人は大きく減りそうで、両極化しそうですね。

検察官のラッセル・マクガイア氏によると、ジェインズ被告は返金処理機や「ペニーストックピッカー」、インターネット閲覧履歴の消去ツールなどの価値のない製品の売り込みで2400万ドルを稼いだ。

稼いでいた額もハンパではありません。「強盗や強姦などの犯罪にどのような刑罰が科されているかを見れば、懲役9年は絶対に言語道断だ」と弁護人。