ライブドア、会計ソフトの弥生を230億円で買収というニュースより。

インターネット関連企業のライブドアは、会計ソフト大手の弥生(東京・中央、平松庚三社長)を買収する。買収金額は約230億円。

ライブドアは買収によりソフトウェア販売事業を強化、とのことですが、当然「約40万の取引先企業」が欲しかったのでしょうかね、やはり。「顧客基盤をネット関連サービスに活用し、相乗効果を追求する」

弥生の筆頭株主(出資比率は約95%)となっている企業買収ファンド、アドバンテッジパートナーズ(東京・千代田)などと合意し、8日に契約した。

西武200億円よりも良いと思いますが、ちょっと驚いたニュースでした。

やよいの青色申告 2

やよいの青色申告 2

■関連記事

ライブドア、会計ソフト開発・販売の弥生を買収

発表によれば、ライブドアは弥生が発行した議決権付普通株式298,517株と新株予約権11,457個を譲り受け、弥生に対して株式などの取得対価として100億円を支払う。なお、ライブドアによれば取得対価の100億円は借入金で調達する。また、弥生では11月22日に予定する株式譲渡日までに約30億円の第三者割当増資を実施。これをライブドアが引き受けることで合意しているという。