「mixi依存症なんです」という記事で紹介した“ふぁる”こと中村初生さんが、mixiの運営元であるイーマーキュリーに入社することがmixi日記で告白されていました。

“ふぁる”と現実の自分のギャップに悩むことがある、と語っていた中村さんが、ついに活躍の場を手に入れられたようです。mixi愛が成就し、相思相愛になったという感じでしょうか。mixiに対する情熱が、このような形で結実するとは思いませんでした。

イーマーキュリーからすれば、これだけmixiを愛してくれる人を、そしてmixiのビジネスモデルをユーザー皆で考える「mixi版無敵会議」を勝手に開催してくれる行動力のある人を得られた、というのは貴重なことではないかと思います。普通にスタッフ募集しても、なかなかここまでの人とは会えないかもしれません。

しかしそれだけに、今度は理想と現実とのギャップがあると思います。温度差の違いとでもいいましょうか。やはり表層に見えているものと、中から見えるものは全然違う場合が多く、そういうところでもギャップを感じることはあるでしょう。でもきっと、それを乗り越えてしまう熱量でご活躍されることでしょう! サービスを愛しスタッフになってしまう、この一歩が何より大切ですね。だって、そんなに愛してやまないサービスってありますか?

■関連記事

【mixi】ユーザから運営へのシンデレラストーリー

日本のSN界を揺るがす出来事が起こった。