Yahoo!、Musicmatch買収でオンライン音楽サービス拡充へというニュースより。

米Yahoo!と米Musicmatchは、Yahoo!によるMusicmatchの買収で最終合意に達したことを発表した。買収金額は約1億6,000万ドル。手続きは今年第4四半期に完了する予定だという。

Apple、Microsoftに対する危機感の現れでしょうか。

Musicmatchは、

10ヶ国語にローカライズされている「Musicmatch Jukebox」を通じて、ストリーミング(Musicmatch On Demand)、オンライン音楽ストア(Musicmatch Music Store)、オンラインラジオ(Musicmatch Radio)などのサービスを提供している。

このようなサービスです。Musicmatch On Demandは月々8ドルで、現在の会員数は約22万人いるそうです。Yahoo! の音楽サービス利用者数はこの買収により、1,290万人から2,300万人に増加すると予想されています。倍、ですね。どのようにYahoo! と統合されて行くのでしょうか。

■関連記事

ヤフー、Musicmatchを1億6000万ドルで買収へ

だが、同社の前には強力なライバルがいくつも立ちはだかっている。この分野には、首位をいくApple以外にも、先日参入したばかりのMicrosoft、精力的に展開するRealNetworks、復活したNapster、そして低価格販売に特化するWal-Mart Storesなどがいる。

ヤフー、ミュージックマッチを買収し、音楽販売に参入

ヤフー社は、ダウンロード販売では出遅れたため、自力で事業を立ち上げるより、買収によって「時間を買った」とみられる。同社は、検索サービスの分野でも、インクトゥミ社やオーバーチュア社など有力企業を買い漁った例があり、今回も同様の手法を選んだ。買収額は約1億6000万ドル。

Yahoo!、デジタル音楽配信会社 Musicmatch の買収へ

Yahoo! によると、Musicmatch の戦略を継承して、広告支援型および有料の音楽ストリーミングや Web ラジオ放送の提供を続けるという。また Musicmatch の音楽プレーヤー兼サービスインターフェースの『MusicMatch Jukebox』を通じて、Yahoo! が持つ各種サービスを宣伝する計画だ。