ライブドア、11月にも40名体制の報道部門設立~スタッフの募集も開始するそうです。

ライブドアではこれまで、livedoor ニュースで報道各社が提供するニュース記事を掲載していたが、11月には報道部門を設立して独自のニュースコンテンツを追加配信するという。報道部門は、デスク7名、記者約30名、Web管理者数名の体制を予定。

通常、ポータルサイトでは大手新聞社などからニュースに配信を受け、それを掲載するのが一般的なのですが、なんとライブドアでは報道部門を設立し、独自のニュースコンテンツまで手がけるそうです。

どのポータルもニュース配信元は同じで、どこにアクセスしても同じニュース、というのが当たり前のようになっていた訳ですが、そこに思いっきりライブドアが風穴を開けようとしています。速報性やニュースが面白ければ、大いにライブドアにアクセスするモチベーションになり、アクセス増も期待できますね。

スタッフ募集も開始されており、「デスクには経験者を、記者は新人を中心に採用する予定。定年退職した記者の再雇用も積極的に行なう」ということで、定年退職していた名物記者が復活、とかなったりすると面白いかも。一般ユーザーも講習や研修を経て記者登録し、ニュース記事を投稿できる機能も追加するそうです。

株価は昨日よりも上がっています。

■関連記事

ライブドア、報道部門を設立して独自ニュース配信へ

記者経験者などを新規雇用し、約40人体制の報道部門を新設する。また一般ユーザーでも、規定の研修を受けて記者登録すれば記事を投稿できるシステムを構築。大手マスメディアが扱いきれない多様なニュースを取り上げ、「ジャーナリズムに一石を投じる」としている。