高額なドメイン名の売買が1999年の最盛期レベルに回復か?という記事より。

最近になって一部の高額なドメイン名の売買が成立していることから、ドメイン名売買市場が1999年の最盛期レベルにまで回復しているとの見方を、レジストラの米Moniker.comが示している。

高額で売買されるドメインが出てきたので、最盛期くらいまで回復しているのではないか、という推測な訳ですが、実際に売買されているのは次のようなドメインだそうです。

Moniker.comの発表によると、最近では「creditcards.com」の売買が275万ドルで、2003年には「men.com」の売買が130万ドルで成立した。Moniker.comのMonte Cahn CEOは、「我々はこの種の動きを1999年以来見たことがなかった。当時、我々は『autos.com』を220万ドルで、『wallstreet.com』を103万ドルで売った」とコメントしている。

「1つの単語で業界について説明できる言葉」が売れるそうです。バリュードメインあたりで素敵なドメインを検索してみると良いかもしれません。