楽天、航空券販売に参入 「旅窓」は「楽天トラベル」にするというニュース。

楽天は8月18日、ワールドトラベルシステム(WTS)と提携し、11月をめどに、旅行サイト「楽天トラベル」上から海外航空券の予約・販売ができるようにすると発表した。

「航空券予約はインターネットと親和性が高く、今後も高い成長が見込める」というのは全くその通りだと思います。

同時に、国内宿泊予約サイト「旅の窓口」を、9月14日から楽天トラベルに統合することも発表されました。利用者に混乱がないと良いですが。

■関連記事

楽天がワールドトラベルシステムと業務/資本提携

ワールドトラベルシステムは、海外航空券専門のホールセラー。海外個人旅行手配用のデータベースと航空会社のコンピュータ予約システムを連携させるシステムを構築し、インターネット上の海外航空券予約システム「SkyRep」として旅行会社に有償提供している。

楽天がワールドトラベルシステムと業務/資本提携、航空券事業を11月に開始

楽天は、9月10日付けでワールドトラベルシステムの第三者割当増資のうち50株を引き受ける。さらに、既存株主から270株を譲り受けることも予定している。