Mixiなしでは生きていけない?!という29man氏のエントリーに反応しつつ思ったことをポツポツと。

29manのMixi日記の方では「本当Mixiって良いサイトだね。ただ、ネタフルでも紹介されていたように【MIXIは儲かっていません】って事なので商業色が強くなりすぎない程度でビジネスとして成り立つようになってもらいたいです。」と書きました。 これに対して「正直、『金払えば存続できる』とか言う話になったら、 金払いますよ:-) 。」とか、「mixiがないと生きていけない人たちがたくさんいれば、mixiも生き続ける罠orz でも、月額300円で5,000人が払っても150万円にしかならないんですよねorz 5万人が頭使ったら、良いアイデアが出てくるかもーねorz 」とか、「有料でも、ポイント制でキャッシュバックなんてイイかも。( ´∀`)」なんてコメントがマイミク達から寄せられました。

最近、なんだかmixiにログインする機会が増えていますが、今のところ「生きていけない」ところまではかろうじて到達していません。10年以上前にパソコン通信で5万円の電話代を払って、文字通り「生きていけない」感じになったことはありますが、そのトラウマがそうさせるのか、どっぷり浸かるところまではまだ。片足突っ込んでいる気配は感じますが。

しかし、29man氏のように「mixiなしでは生きられない」「mixiなしの生活は考えられない」という人もきっと多いのではないかと思います。ただ、残念ながらmixiは儲かってはいません。そこで29man氏は「日本全国のMixi Fanから積極的にビジネス・アイディアを募集するような事をイー・マーキュリーさんは検討しはじめてもいいかもしれませんね」という提案をしています。

ぼくが思うに、インターネットを便利に使うためのポータルサイトはYahoo!を始めとしていろいろあって、中には女性ポータルのようなものもある訳ですが、だとすればmixiはどういう形で人々の生活にとけ込んでいくべきかと考えると、ある意味「ライフスタイルポータル」として生きるのはどうであろうか、なんて勝手に思う訳です。

「mixiがないと生きられない」人たちのために、そのライフスタイルをサポートするようなポータル。その方向性を目指しているのかどうか分かりませんが、新しくカレンダー機能が搭載され、イベント情報や誕生日の情報が一目で分かるようになりました。あとはよく言われることですが、mixiから花束などのプレゼントを贈れるようになったり、イベントのための会場をお得な感じで予約できるようになったり、そんな感じで生活と密着するようなサービスを展開できると良いのではないかと勝手に思う訳です。

そこまでいけば、もう無料でなくても良いと思います。加入のハードルは低くするために無料にしておき、より高度なサービス、例えば上述したような内容やメッセンジャー機能、サイト内検索などを有料オプションで提供するのはどうでしょう。高機能な会員制コミュニティを作れてもいいかもしれません。

ないと生きられない人たちがいるのであれば、mixiはそういう人たちのライフスタイルに寄り添ってみても良いのではないかな、と。