オンライン書店、「1つを固定で」使う人27%、「ケースバイケース」41%という調査結果がありました。

またインターネット上には複数のオンライン書店があるが、どのような使われ方をしているのか調べてみた。すると、「固定で1つのサイトだけを使っている」人はオンライン書店訪問者のうち27.2%(59人)、「ケースバイケースで使い分けている」人が41.0%(89人)、「あまりこだわっていない。欲しいものが見つかったところで買う」人が28.1%(61人)だった。(無回答8人)

個人的にはAmazon固定で使用しているのですが、ケースバイケースで使い分ける人が多いのは結構驚きでした。AmazonアソシエイトになっているからAmazonへの忠誠心が高いのかもしれませんね。後は1クリックで買えるから簡単、というのも大きいです。複数書店の会員になるのは手間がかかりそうで。ちなみに固定で利用している人が一番挙げたのは「Amazon.co.jp」だそうです。

「ケースバイケース」と「欲しいものが見つかったところで買う」というのは違うと思うのですが、具体的にはどのような感じなんでしょう。オンライン書店の中の人は気になるかもしれませんね。

オンライン書店利用経験者217人のうち、実際に商品を購入したことがある人は69.4%(150人)で、ない人は30.6%(66人)だった(無回答1人)。