ライブドア、ギガメーラーで米進出だそうです。

サービスは国内にとどまらない。アメリカ向けの英語版ギガメーラーも、8月中旬頃スタートする。「アメリカでも1Gバイトメールの正式サービスはまだない。Gmailの正式スタート前にサービス開始し、海外向け事業を展開する地盤を築く」(伊地知上級副社長)。

Gmailも実は正式版ではないですからね。正式版を先にやってしまえ、ということなんでしょう。ただ、Spymacが提供していたような気もしますが、どんなもんでしょうか?

Spymacが1GBのメールサービス

著名MacintoshユーザーグループのSpymac Networkは5日、同社の無料メールアカウントのストレージ容量を1GBに拡大すると発表した。1日には米Googleがストレージ容量1GBのメールサービスをテストしていることを発表したばかりだが、正式なサービス開始はSpymacが世界で初めてになる。

しかし「米Googleの1Gバイトメール『Gmail』のコストは、1Gバイトあたり2-3ドルといわれているが、それと匹敵する程度」というのは凄いですね。自前でデータセンターを持っている強みなんでしょうか? ここだけ見ればGoogleに匹敵する技術力があるということですからね。

他にも次々とサービスを開始するようです。

メールだけではない。「“価格破壊”と言える値段になる」(伊地知上級副社長)という、月額数百円の独自ドメイン対応バーチャルホスティングサービスなど、低価格なWebサービスも同時期に提供開始予定。