約4人に1人がインターネットで映画をダウンロードした経験ありという調査結果より。

調査よると、韓国ではなんとインターネット利用者の58%が映画ダウンロードの経験を持っており、以下、フランスの27%、米国の24%と続いている。

日本はというと10%で、調査した8カ国の中で最低だそうです。世界の平均は24%で、実に4人に1人が映画をダウンロードしている計算になります。

ダウンロード経験者の56%はダウンロード行為を続けたいと考えており、ダウンロード未経験者の17%は将来的にはダウンロードしたいと考えていた。

違法ダウンロードしていないで、livedoor ぽすれんで借りるように!

ダウンロード経験者が映画を購入したり、映画館に行かなくなる傾向も表われているそうで「韓国では「映画を購入する頻度が減った」と回答した人がダウンロード経験者の中で52%おり、日本でも10%に上った」ということです。音楽ダウンロードに次ぐ問題発生、です。iTunes Music Storeのように低価格で簡単にダウンロードできるサービスが登場すれば、それが利用されるようになるのでしょうか。

次世代のインターネット利用者動向を知るために、サンプルの80%をブロードバンド利用者としているため、平均的なインターネット利用者とは言い難い側面が残る。