「ネットユーザーの9割がオンラインショッピングを経験」、情報通信総研調べという調査結果がありました。

情報通信総合研究所は7月5日、パソコンによるEC利用などのインターネット利用実態について、2004年度の調査結果を発表した。それによるEC利用経験者は回答者全体の91.0%に達し、昨年の82.3%から8.7ポイント上昇した。

50代以上が重視しているポイントも参考になりますよ。

商品を購入するECサイトの選択基準を年代別に見ると、50代以上が最も重視するのは「発注のしやすさ」(39.0%)「豊富な商品説明」(29.0%)など、簡単さや分かりやすさで、逆に商品の価格や送料を重視する割合は比較的低かった。

余裕があるから多少のお金は気にならないようです。オンラインショップするならば、こういう層を狙いたいものですね。逆に、安すぎると売れなさそう。良いものを、適正価格で。

全体的にはチケット、CD/DVD、書籍、衣類/ファッション関連商品を購入する際のEC利用の割合が増加している。特にチケットではECでの購入割合が35%に達した。