IPA、2004年度第1回「未踏ソフトウェア創造事業」の採択プロジェクトを発表です。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は23日、2004年度第1回「未踏ソフトウェア創造事業」の採択プロジェクトを発表した。アラン・ケイ氏など12人のプロジェクトマネージャーによる募集に対して328件の応募があり、その中から40件のプロジェクトが採択された。

この「未踏ソフトウェア創造事業」は、2000年度から経済産業省の補助を受けて「スーパークリエーター」の発掘を目的として行われている事業です。国の機関が推進しているので‥‥と軽く見ていたら、2003年度は「SoftEther」や「NOTA」といった注目ソフトが登場してきました。実はもの凄く注目のプロジェクトだったりします。

今回の公募では、アラン・ケイ氏や坂村健氏など12人のプロジェクトマネージャーが提示した、「情報共有とコラボレーション支援のためのソフトウェア」「組み込みシステムのためのミドルウェア」といった公募対象プロジェクトに対して328件の応募があり、その中から40件の事業が採択された。採択者(代表者)の構成は、学生・大学院生が全体の42.5%(17件)を占め、企業従事者が30%、大学・研究機関従事者が20%、その他が7.5%で、平均年齢は30.5歳となっている。

2004年度第1回「未踏ソフトウェア創造事業」採択プロジェクトの決定についてからPDFで採択されたプロジェクトを見ることができるのですが、どれも難しそうです。しかし、中には、

・-動き出す実物大グラビアアイドル- Image Based Robot

という興味ひかれるものもあります(笑) あとは、

・どこからともなくブートするOS

これもいいですね。

・グリッド家電

も何かをイメージさせるな。

・「読む」「書く」「考える」をシームレスに支援するダイナミックなテキストエデ ィタの開発

これも興味あり。

と、こんな感じで、要注目のプロジェクトとなっています。