スポンサードリンク

「牛若丸」激辛メニュー・鬼ぎつね牛丼を退治してきた!【池袋】

スポンサードリンク

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 01

池袋の北口にあるロサ会館の一階のもともと吉野家があったところに、新規で「牛若丸」という牛丼店が入ったことはネタフルでもお伝えした通りです。どうやら吉野家の実験店なのでは‥‥とも言われていますが真偽の程はいかに!?

さて、こちらの牛丼は牛肉の上に“きつね“と呼ばれる厚揚げが乗っているのが特徴です。この“きつね“も味がしみしみで旨いと評判なのですが、そのうえから辛味のついたとろみ餡をかけた「鬼ぎつね牛丼」なる激辛・新メニューが誕生したとして、界隈で話題となっております!

スポンサードリンク

「鬼ぎつね牛丼」の激辛具合やいかに!?

こちらが、その「鬼ぎつね牛丼」でございます!

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 02

「牛若丸の鬼退治」と称して「うまから!」「やみつき!」と書いてあります。値段は並盛で580円。

鬼退治に向かったのは確か桃太郎‥‥とも思いますが、そのあたりの昔話をどんどんクロスオーバーさせていく商品展開を今後は考えているのかもしれません。あまり細かいことを言うのは野暮というものですので、静かに行く末を見守ることとしましょう。

他にも牛丼280円、きつね牛丼400円、ねぎ玉牛丼400円、チーズ牛丼400円、キムチ牛丼380円といったメニューも並びます。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 03

これらは店外または店内の券売機にて事前に食券を購入し、カウンターで商品を受け取るスタイルとなっています。片付けも自分で、基本的にはセルフサービス的なスタイルということになります。

ぼくが訪れた時は18時過ぎだったのですが、ワンオペで回していました。お客さんも数人でしたし、すぐに次のアルバイトさんも到着していましたが。

ということで「鬼ぎつね牛丼」の並盛580円の食券を購入し、店内の商品を受け取るカウンターへと向かいます。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 04

横には「ご自由にお使い下さい」の「セルフサービスコーナー」があり、牛丼屋で一般的な紅生姜、七味唐辛子、醤油などが置かれている他、ハバネロソース、ノンオイル柚子ドレッシング、さらには割箸、スプーン、ナプキン、爪楊枝まで置かれています。

各テーブルには紅生姜などは置かれていない、極力、スタッフの手を煩わせないシステムとなっています。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 05

梅雨の合間の暑い日の夕方。まずは、角ハイボールで喉を潤わさせてください。250円。きつねや牛皿を単品で注文し、ちょい呑みすることも可能です。

ちなみに角ハイボールは180mlくらいのサイズの缶から注いでいたので、330円の缶ビール、250円の缶チューハイレモンの方がお得感があるかも、です(こちらも小さい缶サイズの可能性もありますが)。

さて、実食!!!

着席しハイボールを呑んでいると、数分ほどで「鬼ぎつね牛丼」が出来たと声をかけて頂きました。

並盛の「鬼ぎつね牛丼」がドーン!

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 06

なるほど‥‥これが「旨辛」のトロミアン(とろみ餡)ですね‥‥!!

ベースとなる牛肉と玉ねぎは、ほぼ赤で埋め尽くされています。「きつね」の上にもトロミアンがたっぷりとかけられ、その上にネギが散らされています。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 07

よーく見ると、トロミアンの中に唐辛子がつぶつぶしているのが見えます。色だけでなく、この唐辛子つぶつぶのビジュアルもとても良い感じです。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 08

いただきます!

お〜、これは確かに豆板醤の辛味なのだろうか? 和風系の唐辛子だけの辛味ではなく、洋風の辛味エッセンスも感じるような‥‥マイルドそうに見えて、しかし後からピリピリと辛さがやってきます。

なかなか辛いけど、どんどん箸が進んでしまう! 旨い!

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 09

辛さを味わった後は、味がしみしみの「きつね」を割り、トロミアンと絡めて「鬼ぎつね」も食します。う〜ん、旨い。これはオッジも書いていますが、ハバネロなどの辛さなのかもしれません。

なかなか辛く、普通に美味しく食べる分には全く問題ないのですが、個人的にはやや辛味に物足りなさを覚え、七味唐辛子をパラパラしてみました。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 10

うんうん! さらに辛味アップで旨い!

ハバネロソースも置いてあるので、さらに辛味が必要な人はそちらを追いハバネロしても良いかもしれませんよ。

牛若丸 鬼ぎつね牛丼 11

辛くないとはいえ身体は正直なもので、汗はだらだらと流れました。口の中はそこまで辛くないんだけど、身体はホットになりました!

それにしても、この辛いトロミアンはクセになりますよ。ひょっとするとノーマルの牛丼よりも好きかもしれません。これは定期的に食べたくなる「旨辛」です。間違いない。

「牛若丸」は、まだ池袋のロサ会館にしかないようなのですが、多店舗展開して100店舗で「義経」になるのが目標らしいので、ぜひともお願いしたいところです。

鬼ぎつね退治、完了! ごちそうさま!!!!!

これまでの鬼ぎつね討伐隊の記事もぜひご覧ください!

○野家の実験店?牛若丸(池袋)の新メニュー「鬼ぎつね牛丼」が辛すぎて、鬼退治のはずが返り討ちに合いました

討鬼完了、池袋牛若丸「鬼ぎつね牛丼」には旨辛系の餡が乗っていた。旨辛系ファン歓喜!

「牛若丸」の住所・予約

>>牛丼 牛若丸 - 池袋/牛丼 [食べログ]

住所:東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館 1F

スポンサードリンク

前へ

【動画】男声合唱のための「大迫半端ないって」作曲してしまった人と歌ってしまった人たち

次へ

「Amazon Echo Dotスピーカードック」バッテリー搭載でモバイル可能にする拡張スピーカー(400-SP077)