Iijmio 1515

格安SIMサービスのIIJmioが、auの4G LTE回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を2016年10月1日より開始することを発表していました。これにも伴い、ドコモ回線を利用する既存の「IIJmio高速モバイル/Dサービス」は「IIJmioモバイルサービス タイプD」と名称が変更されます。

マルチキャリアに対応することで、お客様はご利用の端末やエリアに合わせて契約回線を選択することが可能になります。同一プラン内で複数のSIMを利用する場合に、タイプD/タイプAを混在させたり、両タイプ間で高速データ通信量をシェアすることも可能です。

実は妻がソフトバンクからauにMNPしておりまして、いずれぼくと長男が使用している「IIJmioファミリーシェアプラン」の中に組み込めれば‥‥しかしそのためにはau端末では‥‥と思っていたのですが、同一プラン内で「IIJmioモバイルサービス タイプA」と「IIJmioモバイルサービス タイプD」が混在できるというとなので、これでイケる!

ただし、注意点があります。少しややこしいのですが、auが提供するMVNO向けのSIMには「au MVNO SIM」と「au MVNO SIM(VoLTE)」の2種類があり、IIJmioで提供されるのは後者となります。

そして「au MVNO SIM(VoLTE)」が使える端末は、au LTE対応・VoLTE対応端末・SIMロック解除済、ということになります。もちろんこれとは別にSIMフリー端末なら問題ありません。

ドコモの端末の場合はSIMロック解除をせずにドコモ系MVNOのSIMがそのまま使えるのですが、auの場合はauの端末であってもSIMロック解除が必要というのかぜ注意点となります。

このあたりはてくろぐ: IIJmioモバイルサービス タイプAとau販売スマホの関係で詳しく開設されています。

なお、SIMロック解除対応端末でも、解除の手続きを行えるのは端末購入後181日目以降となります。SIMロック解除の料金は「auお客さまサポートサイト」から申し込みすると無料、auショップで実施すると手数料は3,000円となります。

それにしても、マルチキャリアに対応した上で一つの契約の中にSIMを混在させ、さらにデータ通信量まで分け合えるというのは、かなり凄いことをやってのけている気がしますよ、IIJmio。そんな使い方をする人がいるのかと思いますが、まさに我が家が該当しそうです。