2016 03 31 1305

さすがの素早さ。発売されたばかりの「iPhone SE」「iPad Pro 9.7インチ」を調達し、早くも「IIJmio」のSIMで問題ないことが確認、発表されています。てくろぐ: iPhone SE・9.7インチiPad Pro IIJmioでの動作確認OKという記事です。今回は自分には直接は関係ないですが、このあたりのスピード感も「IIJmio」を使う安心感の一つです。

本日発売になったiPhone SEと、「9.7インチiPad Pro」1をIIJでも調達して早速動作確認しました。どちらも、無事、IIJmioのSIMで使えることが確認できました。

「IIJmio」で「iPhone SE」を使うとどのくらいお得?

記事では動作確認だけでなく、NTTドコモで「iPhone SE」を購入した時との費用比較もされています。NTTドコモで購入すると本体割引額があり、本体は格安で購入できる計算になるのですが、月々のランニングコストが大きく違います。

IIJmio 3GB 1,600 x 24ヶ月
NTTドコモ 5GB 8,000円 x 24ヶ月
NTTドコモ 2GB 6,500円 x 24ヶ月

結果的に、この試算では「IIJmio」の91,200円 + 通話料に対して、5GBなら201,600円、2GBでも175,200円と倍近い料金の差ができています。

毎月平均175分以下の通話しかしない場合、IIJmioの方がdocomoのカケホーダイ+データパックSでの利用よりも支払額を低く抑えることができるようです。

ということで、通話が少ない人、大手キャリアほど手厚いサポートが必要ない人であれば、確実に格安SIM(MVNO)の方が安くなりそうです。

ぼくも「IIJmio」を使っています。