2015 11 11 1638

IIJが、2015年度第2四半期の決算会見を開催しました。iPhone効果で2Qも好調の「IIJmio」――「携帯料金見直し」議論の影響は?という記事になっていました。

IIJ(インターネットイニシアティブ)が11月9日、2015年度第2四半期の決算会見を開催。売上高は653億3000万円で前期比14.3%増、営業利益は25億6000万円で前期比6.1%増で、増収増益となった。

増収増益は素晴らしいことですが、個人的にも気になるのは「IIJmio」のこと。こちらもちゃんと発表されておりまして「IIJmio(IIJmio 高速モバイル/Dサービス)」の回線数は605,000件となったそうです(前四半期から78,000件の純増)。

特に「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のSIMロックフリー版により、契約数が加速度的に伸びているそうです。完全に流れはきましたね。

7月からはイオン店舗で即日MNPにも対応したほか、9月にはユーザーが任意のタイミングでMNPできる「おうちでナンバーポータビリティ」を開始しており、MNPの利便性を向上させた。

乗り換え、MNPがしやすくなりましたので、少しでも携帯電話の料金を安くしたい人で、それなりに自分で勉強ができる人は、さらにMVNOを使うようになるでしょう。

【IIJmio】自分でMNPの開通手続きできる「おうちでナンバーポータビリティ」提供開始

ネタフルでは「IIJmio」カテゴリーで、実際にMNPした体験談などを書いていますので、ぜひこちらもご覧ください。

【IIJmio】父の「IIJmio(みおふぉん)」へのMNPを手伝っている雑感

■関連記事

IIJ増収増益、モバイルサービスが牽引 - SankeiBiz(サンケイビズ)

機器間通信(M2M)需要も順調だった。勝栄二郎社長は「わが社が提唱してきた、全ての事象がインターネットにつながるというのがやっと到来しつつある」と述べた。