スポンサードリンク

【IIJmio】「iOS 9」でも動作確認を発表 → ただしAPN構成プロファイルのアップデートが必要な場合あり

スポンサードリンク

2015 09 17 0915

こうしたOSのアップデートに対して迅速な調査が行われるのが「IIJmio」を使う理由の一つでもあります。「iOS 9」リリースに伴い、iOS搭載デバイスで動作確認が行われていますが、既存全機種利用可能と発表されています。ただし、注意が必要なところがあります。てくろぐ: iOS 9、IIJmio SIMで全機種動作確認しましたです。

スポンサードリンク

従来、IIJmioでは「APN Payload」を使ったAPN構成プロファイルを提供していました。iOS 9では、この「APN Payload」が利用できなくなり、新しい「Cellular Payload」を使う必要があります。APN Payload版プロファイルをインストールした状態でiOS 9にアップデートを行うと、3G/LTEでの通信ができなくなります。(Wi-Fiの通信は可能です)

ネタフルでも既にお伝えしておりますが、やはり「APN Payload」を使ったAPN構成プロファイルだと「iOS 9」では通信できません。そのため「Cellular Payload」を使う必要があります。

【IIJmio】iOS 9へのアップデートで使えなくなる恐れあり?「Cellular Payload」のAPN構成プロファイルがインストールされているか確認する方法という記事を書いていますので、参考にしてください。

なお、2015年8月から「Cellular Payload」版APN構成プロファイルが配布されているので、最近、利用を開始した人はそのままで大丈夫かもしれません。ご確認を。

Cellular Payload版APN構成プロファイルはiOS 8でも利用できます。iOSのアップデート前にインストールしておくのがおすすめです。なお、古いAPN構成プロファイルを削除しなくても、新しいプロファイルを上書きでインストールできます。

WiFi環境がないと「Cellular Payload」版APN構成プロファイルをインストールできないので「iOS 9」アップグレード前にインストールするのがオススメです。

「みおぽん(IIJmioクーポンスイッチ)」と「みおふぉんダイアル」にも一部不具合が発生する場合があるようですので、記事でご確認ください。

スポンサードリンク

前へ

「根がらみ前水田(羽村)」春はチューリップ畑に、多摩川沿いには桜並木が‥‥羽村市は花と水のまち #tokyo島旅山旅

次へ

【格安SIM】MVNO各社の「iOS 9」対応状況