Iijmio 6439

iPhoneで「IIJmio」を使用している人ならご存知だと思いますが、アクセス先を設定するために利用されるAPN構成プロファイルと呼ばれるものがあります(利用開始した際に設定したはず)。この仕様がiOS 9から変更され、アップデートするとデータ通信ができなくなる恐れがあるそうです。

iPhoneなどをiOS 9にアップデートすると格安SIMが使えなくなる!?従来のAPN Payload廃止でNTTドコモ回線のMVNOでもデータ接続不可にーー各社が続々と新しいAPN構成プロファイルを公開 - S-MAXという記事になっていましたので、自分のiPhoneが対応しているかどうか、対応していなければどうやってアップデートするか調べてみました。

現在、開発者向けおよび一般(パブリック)向けに提供されているiOS 9のベータ版においてAPN Payloadが廃止されたのか、NTTドコモ回線のMVNOで使えなくなっているとのことです(パブリックベータではiOS 9 beta3から)。

以前から使われていたAPN構成プロファイルが「APN Payload」で、それに代わるものとして「Cellular Payload」が登場しています。Appleでは「APN Payload」を廃止する方針ということで、実際にiOS 9 beta3では使えなくなっている=データ通信ができないそうです。

iOS 9正式版でどうなるかはまだ分からないのですが、Appleが廃止の方針で、それに代わる方法があるのなら変更しておいた方が無難だろうと思い、自分の環境を調べてみました。

「APN Payload」か? 「Cellular Payload」か?

まず、自分がインストールしているAPN構成プロファイルが「APN Payload」か? 「Cellular Payload」か? ということを調べます。

「設定」から「一般」を開くと、下の方に「プロファイル」があります。その中に、APN構成プロファイルもあります。

Iijmio 6433

名称がこの状態の場合、つまり「Cellular」と入っていない場合は「APN Payload」です。現在は問題ないですし、iOS 9にアップデートしても問題ない可能性はありますが、念のため「Cellular Payload」にしておくこととします。

※※※ 試す方は自己責任でお願いします ※※※

「APN Payload」から「Cellular Payload」に

簡単なのは「IIJmio」のアプリである「みおぽん(IIJmioクーポンスイッチ)」からインストールする方法です。

Iijmio 6434

ヘルプの下の方に「構成プロファイルのインストール」がありますので、それを開きます。

Iijmio 6435

開いたファイルをインストールします。ファイル名に「Cellular」と入っています。

Iijmio 6436

次へ。

Iijmio 6437

フィルタリング、監視、と怖い文言が並びますが「このAPN構成プロファイルをインストールすることで通信がフィルタリングや監視されることはありません」とのことです。

Iijmio 6438

「完了」でインストールが終了です。

データ通信ができるか確認しましたが、正常に機能しています。

IIJmio 高速モバイル/D iOS APN構成プロファイル (Cellular Payload・パラメータ追加版)にも記述されていますが「問題が発生した際にご自身で対応できる方以外はご利用を避けてください」ということで、繰り返しますが自己責任でどうぞ。

併せててくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?もご覧ください。

iOS 9が公開されてから問題を感じた後でもAPN構成プロファイルを変更するのは遅くないかもしれませんが、OSアップデート後に接続できるWiFi環境を準備しておくと安心かもしれません。

その他の記事は「IIJmio」カテゴリーからどうぞ。