2015 02 02 1141

ソフトバンクから「IIJmio」にMNPして3ヶ月が経過しましたが、全く不満はありません。むしろ、ファミリーシェアプランで複数SIMが使えたり、専用アプリで通信速度を切り替えたりと、個人的にはメリットを感じています。ドコモ系なのでどこでも繋がる安心感もありますね。

安定しているので、あまり他社サービスは気にならないのですが、ドコモ回線利用のMVNO4社、ダウンロード平均速度に差 - MMD研究所という記事を読み「お、いいぞIIJmio」と改めて思いました!

MMD研究所は1月30日、「2015年1月主要MVNO通信速度調査 JR山手線編」の調査結果を発表した。同調査は、NTTドコモの回線を利用するMVNO主要4社とNTTドコモの計5社について、JR山手線全駅のホームで通信速度を調べたもの。

調査対象となっているのは、ドコモ系MVNO(ドコモの回線を利用している格安SIM)の4社とNTTドコモです。

・OCN モバイル ONE

・IIJmio

・b-mobile(日本通信)

・BIGLOBE LTE・3GデータSIM

1990年代にインターネットブームでISPが乱立した折、安かろう悪かろうというのが目立ちましたので、ただ単に安いだけでなく、クオリティがどうなのか、というのも気になります。

JR山手線内回り全29駅のホーム中央付近で、10時~19時の時間帯に3回計測したダウンロードの平均値は次のようになっています。

・OCN モバイル ONE 19.1Mbps

・IIJmio 24.2Mbps

・b-mobile(日本通信) 9.1Mbps

・BIGLOBE LTE・3GデータSIM 6.7Mbps

同じドコモの回線を使いながら、これだけ差があることが分かりました。1回線あたりにどのくらいのユーザを割り当てるかとか、そういったことで違いが出てくるのでしょうね。恐らく6Mbps出ていれば通常使用には問題ないと思いますが、やはり自分が使っている「IIJmio」が速いと嬉しいものです。

続いてアップロードです。

・OCN モバイル ONE 9.5Mbps

・IIJmio 10.9Mbps

・b-mobile(日本通信) 10.2Mbps

・BIGLOBE LTE・3GデータSIM 6.6Mbps

アップロードに関しては、それほど大きな差は出ていないようです。

ちなみに本家のNTTドコモは、ダウンロード平均スピードは31.1Mbpsだったそうです。ここは料金が反映されているところでしょうか。

20Mbps以上の高速通信が可能な駅が、NTTドコモは18駅であるのに対し、IIJmioは17駅、OCNモバイルONEは12駅となっている。

「IIJmio」は長く格安SIMサービスを提供しているという実績も関係しているのでしょうか。「IIJmio」を自分で選ぶ際は、実績と技術力も重視したのですが、間違いなかったようで嬉しいです。

さて「IIJmio」へのMNPを検討している人も多いと思うのですが、例えば店頭でMNPでき、なおかつ無料WiFiの使える「BIC SIM」という選択肢もありますが、ネットでアクティベーションしても中1日くらいですし、無料WiFiもクオリティーにばらつきがあると感じたので「IIJmio」のパッケージをAmazonなどで購入するのもオススメです。誰もがビックカメラの店頭に行ける訳ではないですしね。

今回のスピードテストの記事を読んで、久しぶりに自宅でスピードテストしてみたのですが、25Mbpsくらい出て驚きました。MNPした当初はここまで速くなかったはず。接続環境の改善も行われているのですね。

次のような記事を書いていますので参考になれば幸いです。

【格安SIM】SIMフリーiPhoneをソフトバンクから「IIJmio(BIC SIM)」にMNPしたレポート

【IIJmio】父の「IIJmio(みおふぉん)」へのMNPを手伝っている雑感

【IIJmio】ウェブから申し込み手続きし停波から中1日でSIMカードが届き「みおふぉん」へのMNPが完了!休日でも手続きは迅速だった&「ZenFone 5」設定方法

【IIJmio】「BIC SIM」無料で使えるWiFi(Wi2 300)を申し込んだ&使ってみた

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

B00J8B7WWG

IIJ BIC SIM音声通話パック

B00IUFBHQS