Iijmio 7676

父が、ソフトバンクのガラケーから「ZenFone 5」と「IIJmio(みおふぉん)」へのMNPを行ったのですが、無事に手続きが完了しました。気になる停波による携帯電話が使えない期間でしたが、約24時間でした。休日に申し込み手続きしたので、もう少し時間がかかるかと思いましたがスピーディーでした!

事の経緯と手続きの様子、大手キャリアを離れるデメリットのクリアなどについては【IIJmio】父の「IIJmio(みおふぉん)」へのMNPを手伝っている雑感という記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

「IIJmio(みおふぉん)」契約の流れ

「IIJmio(みおふぉん)」がおまけについてくる「ZenFone 5」をAmazonで購入しました。これが届いたのが1月10日の午前中でした。なお「IIJmio(みおふぉん)」のパッケージに含まれるのはエントリーナンバーで、SIMカードは申し込み手続きが完了してから届くことになります。

※ちなみに「IIJmio(みおふぉん)」プレゼントキャンペーンは2015年1月31日までですのでお早めに。16GBモデルと32GBモデルがあります。

それでは実際の申し込みから開通までの流れをご紹介します。

◎1月10日(土) 夕方にウェブから申し込み手続き&本人確認書類を送信

◎1月11日(日) 本人確認が完了した旨のメールが届く

◎1月11日(日) 21時過ぎに停波予告のメールが届く

◎1月12日(月) 正午前に停波を確認(携帯電話が使えなくなる)

   《携帯電話が使えない期間》

◎1月13日(火) 朝一でSIMカードが届く(スマホが使えるようになる)

三連休の初日に申し込み手続きをしたので、正直なところ、開通してSIMカードが届くまで、もっと時間がかかるのではと思っていました。しかし、気づいたら携帯電話が使えなくなっていたのは約24時間で、かなりスピーディーな手続きだったと思います。

ビックカメラの「BIC SIM」(実体は「IIJmio」)なら対面で即座にMNPできてそれはそれで便利なのですが、ウェブから申し込み手続きできる人ならば、携帯電話が使えない時間帯が24時間ならば、さほど問題にならないのではないかな、と思いました。店舗まで出向く手間もありますしね。

というのも、新しく届いたスマートフォンにLINEを設定したので、1日くらい外出しない日を狙えば自宅のWiFi環境で連絡は十分に取れるからです。よくよく考えるとスマートフォンには電話はほとんどかかってこない、という人の方も多いのではないでしょうか?

※そう考えていくと080/090番号すら必要なく思えてきますが、何かを契約する際や緊急通報することを考えると、まだ080/090番号は持っていた方が良いかな、と思っています。

「ZenFone 5」に「IIJmio(みおふぉん)」を設定する

Iijmio 7677

届いた荷物には、お馴染みの「IIJmio」のパッケージが入っていました。「音声通話」のシール付きです。

Iijmio 7678

中を開けると、SIMカードが入っています。これを切り取り「ZenFone 5」の中に挿入します。

Iijmio 7679

「ZenFone 5」の背面パネルを開けると、こんな感じです。背面パネルを開けるのに、ちょっとコツが必要ですので「ZenFone 5」のレビュー記事を参考にしてください。

SIMカードを挿入したら、アクセスポイントの設定をします。

と思ったのですが、結果的にはSIMカードを挿入したら、そのまま設定は全て完了してしまいました。というのも、あらかじめアクセスポイントは設定されており、SIMカードを購入するだけで認識されてしまったのです。

念のため、もしうまくいかなかった場合のために、設定方法を紹介しておきます。

Iijmio 7680

「設定」から「その他」を開きます。

Iijmio 7681

「モバイルネットワーク」を開きます。

Iijmio 7682

「アクセスポイント名」を開きます。

Iijmio 7683

ここで「IIJmio」のパッケージに書かれているAPNやユーザ名、パスワードを登録します。「ZenFone 5」は予めIIJmioだけでなく、BIGLOBE、OCN モバイル ONE、So-net、U-mobileなどが登録されていて素晴らしいですね。

Iijmio 7684

ということで、すぐにネットも使えるようになりました。簡単でした!

ソフトバンクのガラケーから格安SIMのスマホへMNPするまとめ

【IIJmio】父の「IIJmio(みおふぉん)」へのMNPを手伝っている雑感という記事でも書きましたが、ネットでモノを購入した経験のある人であれば、問題なく手続きはできると思います。「IIJmio」のウェブサイトはよくできてますし、手続きの間も逐一、メールが届くので安心です。MNPのために携帯電話が使えない時間も、約24時間と思っていたよりスピーディーでした(長くかかる場合もあるかもしれませんが)。

事前にMNP予約番号が必要になりますが、ソフトバンクから他社にMNPする方法という記事を書きましたが、ドコモでもauでも変わらないと思います。

ただ、父(65歳)のスマートフォン移行をサポートしていて感じましたが、ネットサーフィンくらいの経験しかない人の場合は、ウェブでの申し込みは手続きは簡単ではないですし、スマートフォンでアプリをダウンロードしてインストールするといったことも難しいと思います。ある程度の環境まで整えてしまえば使えるようになると思いますが。

そのような場合は、対面でMNPができること、もしくはサポートの充実している大手ISPが提供するようなサービス、例えばBIGLOBE、ニフティ、楽天などが提供するような格安SIM&スマートフォンのセットを利用すると良いのかな、と思いました。

ガラケーだった父的には電話料金は劇的に安くなるということはないでしょうが(2GBプランで月額1,600円)、LINEで連絡が取りやすくなったこと、そして写真を送りやすくなったこと、というのは家族としては大きなメリットとして感じますし、父もそれを感じてくれるはず、と思っています。父的にはGoogleマップや、ニュースを手軽に読めるのが、とりあえず嬉しいようです。

ということで、格安SIMへのMNPを検討している人の参考になれば幸いです。ぜひ【IIJmio】父の「IIJmio(みおふぉん)」へのMNPを手伝っている雑感と併せてご覧頂けますと幸いです。

↓個人的には「簡単モード」というユーザインターフェースがあるので「ZenFone 5」はスマホ初心者にオススメだと思っています。

【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16

B00ORDK0E2

↓「そうはいってもとりあえず安く始めたいんだ」という場合には1万円で購入できるスマートフォンもあります。

freetel フリーテル SIMフリー スマートフォン priori2 ( Android 4.4.2 / 4.5inch / 標準・micro SIM / ホワイト )FT142A-Pr2-WH

B00RVMQSKQ

ネタフルの関連記事

【格安SIM】SIMフリーiPhoneをソフトバンクから「IIJmio(BIC SIM)」にMNPしたレポート

「IIJmioクーポンスイッチ」通信速度の切り替えやバンドルクーポン残量が分かるiPhoneアプリ

【IIJmio】数カ所でスピードテストしてみた(クーポンオフ速度200Kbpsで何ができるか?)