スポンサードリンク

【日向坂46】実在する「ひゅうがざか」ではなく「ひなたざか」になった理由とは?

スポンサードリンク

【日向坂46】実在する「ひゅうがざか」ではなく「ひなたざか」になった理由とは?

「けやき坂46(通称ひながなけやき)」が「日向坂46」に改名しましたが、漢字だけであれば「日向坂」は東京都内に存在します。しかし、読み方は「ひゅうがざか」となり、グループ名の「ひなたざか」とは異なります。

これまで実在する坂道にこだわってきましたが、なぜ読み方が変わったのでしょうか?

スポンサードリンク

「日向坂(ひゅうがざか)」は港区に実在

「日向坂(ひゅうがざか)」は、東京都港区三田一丁目と二丁目の境界を走る坂として実在しています。

駅で言うなら、麻布十番駅が近いです。

今回、なぜ「ひゅうがざか」を「ひなたざか」と読むことにしたのかは、改名 ! 日向坂「ひゅうが」なのに何故「ひなた」という記事になっていました。

運営関係者によると、秋元氏の中では「実在する坂の名前をつけたい」という思いがあったという。読み方については最後までスタッフらが悩んだが、ひらがな表記の画数が運勢的に良いことから「ひなたざか」に決まったという。

画数ということもあるでしょうし、女性アイドルグループなら「ひゅうが」よりも「ひなた」の方がかわいらしいし良いですよね。

実在している坂というこだわりはあるとは思いますが、グループ名とするならば、今となってはあまりこだわらなくても良いのかな、と思います。完全に架空の坂でもないわけですし。

スポンサードリンク

前へ

【LINE Pay】ファミリーマート限定20%還元キャンペーン(2/21まで)

次へ

【iOS 12】「iOS 12.1.4 ソフトウェアアップデート」リリース