集まってみませんか…キャンディーズ30年目の同窓会という記事より。

30周年にあたる4日、東京ドームシティ内にオープンしたばかりのJCBホールで「キャンディーズ本人たちが出演しない、キャンディーズファンの大同窓会」が開かれる。

「キャンディーズ」結成30周年を記念して、東京ドームシティ内JCBホールで「キャンディーズ本人たちが出演しない、キャンディーズファンの大同窓会」が開催されます。

「全国キャンディーズ連盟」を中心に「30年目の同窓会を開きたい」という機運が盛り上がったのだそうです。

そのきっかけとなったのが「全国キャンディーズ連盟」の中心メンバーががんで亡くなったことで、なんと葬儀では故人の希望でキャンディーズの曲が流されたのだとか。

「全国キャンディーズ連盟」北陸支部の幹部として編集者の石黒謙吾氏の話も出てきますが、

「16歳のときカッターで左に『キャンディーズ』、右に『ラン』って彫りました。気合いが入ってたんで痛くなかったですよ。30年たって消えてきましたね」

というくらいに「キャンディーズ」は青春だったそうです。

石黒さんは意を決して今年1月、当時のマネジャーで、解散コンサートを総合演出した大里洋吉さん(61)に手紙を送り対面した。

この大里氏というのが、なんとアミューズの会長です。

大里氏は、

「3月になって、TBSに保管された40万本の映像の中から奇跡的に完全収録した16ミリフィルムが見つかりました。解散コンサートは4時間半51曲に及び、放送されたのは1時間程度。家庭にビデオもなかった時代です。当日は3人が花嫁衣装を着る場面など、未公開部分も含めてお届けします」

と語ります。

これはファンにはたまらないイベントですね。

それにしても、30年という時を超えても変わらず愛し続けられるモノってあるかしら。

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ

CANDIES FOREVER

CANDIES FOREVER