な、な、なんと女が3代目・座頭市襲名という記事より。

故勝新太郎さんが主演した代表映画「座頭市」の新シリーズが製作され、主役「市」の3代目は女性が演じる。タイトルは「ICHI」で、08年公開。女優の綾瀬はるか(22)が、三味線を背負い一人さすらう"女座頭市"に扮する。

故勝新太郎、ビートたけしと演じられてきた「座頭市」ですが、女優の綾瀬はるかが3代目として「ICHI」を演じることになったそうです。

「強くて美しい女性は綾瀬さん以外はあり得なかった」とプロデューサー。2008年公開予定とのこと。

今作では、主人公の「市」を女性にするにあたり設定を変更。整体などを行う「座頭」から、三味線を背負った盲目の芸者「離れ瞽女(ごぜ)」にした。

「座頭」ではなく「離れ瞽女」という役柄に設定変更されているそうですが、盲目の演技や殺陣をどのようにこなすかが見所でしょうか。

既に撮影に入っており、綾瀬はるかは「座頭市や時代劇ファンをがっかりさせないように一生懸命頑張ります」とコメントしています。

若い世代が見る時代劇、ということになるでしょうか。