主演女優賞に蒼井優/ブルーリボン賞という記事より。

第49回ブルーリボン賞で主演女優賞を受賞した蒼井優(21)の対象作品は、いずれも主演としての起用ではなかったが「両作品で質を高めている」といった声で選出された。

報知映画賞助演女優賞を受賞していた蒼井優でしたが、今度はブルーリボン賞で“主演”女優賞を受賞しています。

主演ではないけれど、主演クラスの存在感だったということですね。

「作品を作る上で主演、助演は関係ないですが、今は誰よりも驚いています」と蒼井優のコメント。

「ブルーリボン賞」主演女優賞に蒼井優によれば、「今まで遠慮して感想を言わなかった友人や父が、劇場を出て興奮したまま“頑張ったね”って電話をくれた。それがうれしかったです」というコメントも。

おめでとございます!

フラガール メモリアルBOX

フラガール メモリアルBOX

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

蒼井優 写真集「トラベル・サンド」

蒼井優 写真集「トラベル・サンド」

■関連記事

蒼井優に主演女優賞 「えっ主演?」…第49回ブルーリボン賞決定

実は6月の完成披露試写の2日前に福岡に住む祖母が死去。試写会でダンスを披露する予定だった蒼井はショックのあまり、欠席しようとしたが「(役の)紀美子はプロとしてやっていくことを考えていた。紀美子の結論と真逆を私はやろうとしている…」。葬儀に参列せず東京へ戻り、笑顔でフラを踊った。

ブルーリボン主演女優賞に蒼井優「誰よりも私が驚いてます」

50代、60代の蒼井優像まで思い描き、そうなるにはどうしたら…と考えてばかりで苦しんだ時期もあったというが、「今はむしろ、何年までというよりも1本、1本の作品をやろうと思います」とニッコリ。