新垣結衣07年銀幕でキラキラという記事より。

今年注目のアイドル、新垣結衣(18)が映画に初主演することになった。今夏公開の「恋するマドリ」(監督大九明子)で、実年齢よりちょっぴり大人の20歳の美大生役。

いつの間にかネタフルでも注目している“ガッキー”こと新垣結衣が、「恋するマドリ」という映画で初主演をすることになったそうです。

どんな内容かと言いますと‥‥

20歳になった美大生が一人暮らしを始めたところ、さまざまなトラブルに遭遇。人との出会いや別れの中で成長する姿を、笑いあり、涙ありで描くラブストーリー。

だそうです。実年齢は18歳、役柄は20歳。たった2歳ですけど、その頃の2歳は大きい気がします。どんな風に演じるのか楽しみですね。恋人役は松田龍平です。

監督は新垣結衣について「映像で見ていてとても透明感がある子だと思った。会った時の印象は、いい意味で“毒”を魅力的に表現できる人」とコメントしています。毒!

「初めて主演することになり、とても光栄です。恋する女の子の切なくてもどかしい気持ちをリアルに、素直に表現できたらと思います」と新垣結衣。

ちゅら☆ちゅら―新垣結衣写真集

ちゅら☆ちゅら―新垣結衣写真集

新垣結衣 2007年 カレンダー

新垣結衣 2007年 カレンダー

■関連記事

新垣結衣「映画初主演」…今年夏公開「恋するマドリ」

新垣の映画出演は昨年撮影した「ワルボロ」(今夏公開予定)に続き2作目。松田龍平の弟・松田翔太主演の「ワルボロ」ではヒロインを演じたが、2作目で早くも主演という大役に抜てきされた。偶然にも、2作とも“松田兄弟”との共演となった。