長沢まさみが水泳青春ドラマ主演という記事より。

長沢まさみ(18)が、今度は水着で勝負する。あだち充氏(54)原作で高校のプールを舞台にした水泳青春恋愛漫画「ラフ」が実写化され、長沢がヒロインを演じることが7日、分かった。

「ラフ」がドラマ化ですか。

「ラフ」は87年から2年間、週刊少年サンデーで連載され、単行本が累計1500万部を突破した漫画。

「数あるあだち作品の中でも、ファンの間で最高傑作といわれている」ということで、確かに当時はサンデーでリアルタイムに読んでいたにも関わらず、「ラフ」は全巻揃えているくらいですからね。

物語はライバル同士の家に育った男女が、水泳選手として高校のプールで同じ時間を共有するにつれて、ひかれ合うコメディータッチの青春ラブストーリー。

長沢まさみは高飛び込みの選手役。ということで「抜群のスタイルをふんだんに見せてくれそうだ」と記事。「私自身、高校生活最後の作品なので、映画の中でも思う存分、青春をエンジョイしたいと思います。人魚になれるかな!?」とコメントしています。

長沢まさみがよく分からない人は、-Peace- 長澤まさみ OFFICIAL WEB SITEをどうぞ。

ラフ 1 (1)

ラフ 1 (1)

me―長澤まさみ写真集

me―長澤まさみ写真集