矢口真里「うたばん」で脱退を語るという記事。

今月14日にグループから電撃脱退した「モーニング娘。」前リーダー矢口真里(22)が28日、TBS「うたばん」で今回の脱退劇について初めて語った。同番組の収録は14日以前のため、脱退に関するコメントをVTR収録して番組の最後に放送した。

矢口は謝罪し、新リーダー吉沢ひとみと話し合ったことを明かし「たくましいヨッスィー(吉沢)の姿を見て任せていけると思いました」などと語ったそうです。

ファンは矢口真里の口から言葉が聞きたかったでしょうから、これで一段落という感じになるのでしょうか。

矢口「モー娘です」とNGあいさつという記事によれば、いきなり「冒頭から「モーニング娘。です」とあいさつしてしまうNG」もあったんだとか。

終始、落ち着いた様子だったが、おなじみの矢口スマイルは最後まで見せずじまい。「アイドル、モー娘のリーダーという立場から、いろいろ考えて、悩んで、自分の気持ちで責任を取ることを決めました」と説明。その上で「また、一から頑張っていきたい。よろしくお願いします」と頭を下げた。