邑野みあ「青春の門」ヒロインに抜てきだそうです。

TBSで3月21、22日に2夜連続で放送される大型ドラマ「青春の門―筑豊編―」(後9・00)のヒロイン・織江役に、若手女優の邑野みあ(18)が決定した。

誰だろう? と思っていたのですが、「邑野未亜」の芸名でNHK大河「北条時宗」日テレ「永遠の仔」などドラマ中心に活動されていたそうですよ。「大竹しのぶ、杉田かおる、秋吉久美子らが演じた女優の登竜門的役柄」だそうで、このチャンスをモノにして欲しいですね。

抜てきしたTBSの貴島誠一郎プロデューサーの勧めで、このドラマを機に「未亜」からひらがなの「みあ」に改名。「この作品が決まって名前も変わって、それに恥じないように今後につなげていきたい。再デビューの気持ちです」と意気込みを見せている。

名前も変えての挑戦だそうです。

ドラマは信介の義母で強く美しい筑豊の女・タエを演じる鈴木京香(36)が主演。かつて81年の東映映画で信介を演じた佐藤浩市(44)が鉱山のオーナー役で特別出演する。

週刊モーニングでも「青春の門」が連載されております。