安倍なつみ盗作発覚で謝罪しています。

 人気アイドルの安倍なつみ(23)が盗作していたことが、30日分かった。所属事務所が明らかにしたもので、写真集などで発表した自作とされた詩の中に、盗作と認められるものが複数あった。

安倍なつみ盗作疑惑

以前からネット上でも指摘されていて、そのサイトは見たことがあったのですが、確かに盗作した/されたとされる詩は非常に似ていました。

発覚したきっかけは、インターネットの書き込みで疑惑が指摘されたこと。11月下旬、所属事務所が安倍本人に確認するなどして調べたところ「本人に(盗作の)認識は不足していたものの、盗作に値すると判断した」という。

なっちは「素敵だと思った詩をノートに書き留め、詩を書くときに参考にしていた。軽率でした」と盗作を認めるコメントをしています。関係者には既に謝罪済みだそうです。

問題となったのは写真集「ナッチ」(00年、ワニブックス刊)、フォトエッセー集「ALBUM1998—2003」(03年、ワニブックス刊)、フォトエッセー集「陽光(ひかり)」(04年、竹書房刊)の書籍3冊。

安倍なつみフォト&エッセイ 陽光(ひかり)

安倍なつみフォト&エッセイ 陽光(ひかり)

ALBUM―1998‐2003

ALBUM―1998‐2003

ナッチ―安倍なつみ写真集

ナッチ―安倍なつみ写真集

■関連記事

なっちが自著で盗作「すてきだな」と思い

盗作があったのは、写真集「ナッチ」(ワニブックス)など書籍3冊とラジオ番組のコーナーで作詞した作品。誰の作品から盗用したかは明らかにしていないが、小室哲哉やaikoの歌詞の一部とみられ、関係者に既に謝罪し、出版社に3冊の販売中止を申し入れたという。