ideos__4111.JPG

さて、いよいよ「IDEOS」にイーモバイルSIMを挿して運用してみます。Pocket WiFiを契約した際のもので“赤SIM”と呼ばれるものです。

「IDEOS」の裏ぶたを開き、バッテリを外し、日本通信SIMを外し、代わりにイーモバイルSIMを挿します。

続いて起動し、新しいAPNを設定します。

ideos__4112.JPG

ideos__4113.JPG

設定から「無線とネットワーク」「モバイルネットワーク」「アクセスポイント名」と進み、メニューボタンをタップして「新しいAPN」を追加します。

ideos__4114.JPG

新しいAPNには、次のように設定します。

名前:(任意の名前でOK)
APN:emb.ne.jp
ユーザー名:em
パスワード:em

様々なSIMを試すための情報を掲載している、SEMINUDE: IDEOS で色んな SIM を試してみる&注意点などを参考にさせて頂きました。

こんな注意点があるようです。

一度各 APN の設定さえしてしまえば SIM を入れ替えるだけで自動で切り替わるようです。が、SIM を入れ替える度に Gmail のアカウントや Twitter アカウントのログイン情報がクリアされてしまうようで、設定し直さなければならみたいです。ちょっと面倒ですね。

後は、通常のテザリングと同様の方法で、イーモバイル回線を通じてパソコンからインターネットを利用することが可能になります。

BNRスピードテスト」というサイトを使用し、回線スピードもチェックしました。

ダウンロード・アップロード、いずれも3回ずつ実施しました。

イーモバイルSIMを挿入した「IDEOS」

ダウンロード
・842.283kbps
・1601.02kbps
・1618.662kbps

アップロード
・294.04kbps
・262.84kbps
・268.69kbps

計測した場所は違うのですが‥‥

イーモバイルSIMを挿入した「Pocket WiFi」

ダウンロード
・1364.855kbps
・1905.779kbps
・1700.339kbps

アップロード
・1.00Mbps
・1.65Mbps
・1.54Mbps

というように、ダウンロードに関しては「Pocket WiFi」とほぼ同じくらいのスピードが出ています。

アップロードの速度差は、端末によるものか場所によるかは、現時点では不明です。

日本通信SIMと「IDEOS」の組み合わせも参考まで。

日本通信SIMを挿入した「IDEOS」

ダウンロード
・243.297kbps
・255.584kbps
・259.866kbps

アップロード
・344.86kbps
・336.31kbps
・315.39kbps

ネタフル「IDEOS」購入レポートは以下になります。

“軽自動車スマートフォン”「IDEOS」はかわいい♡(ファーストインプレッション)
「IDEOS」テザリングでスピードテスト(イーモバイルと比較)
「IDEOS」テザリングの使用時間は約4時間15分
「IDEOS」イーモバイルSIMで使ってみる(設定方法・回線スピード)
「IDEOS」テザリングの使用時間は約4時間15分(イーモバイルSIM)
「IDEOS」iPhone/Pocket WiFiとサイズを比較
「IDEOS」Skype Out(携帯電話/固定電話に通話を発信)を試してみた
「IDEOS」テザリングがメイン用途でインストールしたアプリ/ウィジェット

ネタフルでは他にも次のような記事を書いています。

「IDEOS」日本通信のSIMロックフリーなスマートフォン
日本通信のSIMロックフリーなスマートフォン「IDEOS」検討&関連記事
日本通信SIMロックフリーAndroid「IDEOS」レビュー記事
「IDEOS」はスマートフォンの“軽自動車”
日本通信「050モバイルIPフォン」を発表(他社3Gデータ通信サービスでも利用可能!?)

Mac ソフトのことなら act2.com

日本通信 IDEOS スマートフォーン 10 日間の定額データ通信付き BM-SWU300

B004H7Z6UQ

日本通信 IDEOS と一緒にお得にご利用いただけるように6ヶ月+1 ヶ月の無料通信期間が付いたb-mobileSIM U300 限定パッケージ BM-U300-7MSW

B004H8EYC6

日本通信 IDEOS と一緒にお得にご利用いただけるように1年+2 ヶ月の無料通信期間が付いたb-mobileSIM U300 限定パッケージ BM-U300-14MSW

B004H8EYCQ