ideos__4078.JPG

“軽自動車”みたいなスマートフォンとして話題の、日本通信のSIMフリースマートフォン「IDEOS」が届きました。金曜日にアクトツーで注文し、土曜日の朝に届きました。

アクトツーの「IDEOS」は25,800円ですが、microSD(4GB)と2,000mAhバッテリのおまけがついていました。

ideos__4076.JPG

限定50個だったのですが、既に売り切れてしまったようで、次回の入荷・発送は1月26日からになるそうです。

まずは開封の儀です。

ideos__4080.JPG

パッケージの裏には、

・3Gデータ通信専用で通話できない
・上り/下りともに300kbps

などと注意書きや開通の方法が書かれた、日本通信のSIMカードのパッケージがついています。

ideos__4082.JPG

ideos__4083.JPG

パッケージを次々に開けていきます。

ideos__4085.JPG

ideos__4086.JPG

ideos__4089.JPG

ideos__4091.JPG

第一印象は「想像していたより小さかった」ということです。その分、画面も小さい訳ですが、手には馴染みやすいです。

ideos__4092.JPG

ideos__4093.JPG

裏ぶたは好みで変更できるようになっていますが、ぼくのところでは最初に青が装着されていました。

ideos__4094.JPG

使用開始の手順は、日本通信のSIMカードのパッケージに詳しく説明されていますが、以下のような流れになります。

1. 専用番号に携帯電話で電話して開通する
2. IDEOSにSIMカードを挿入する
3. ワイヤレス設定で日本通信のアクセスポイントを設定する
4. テザリングの設定をする
5. 日本語変換ソフトをインストールする

以上となりますが、さほど難しくはないと思います。所要時間は15分くらいでしょうか。

テザリングだけで使用するなら、日本語変換ソフトも必要ないですが、ちょっとしたツイッターやメールの送受信の可能性があるならば、インストールしておきましょう。

ぼくもAndroid 2.2をちゃんと触るのは初めてでしたが、とりあえず迷わずにインストールすることができました。

ideos__4110.JPG

「IDEOS」自体は先にも書きましたが、小さくてかわいいです。液晶画面も小さく、起動も遅かったりして、そのあたりは“軽自動車スマートフォン”という呼び方がぴったりだと思います。

作業内容にもよると思うのですが、Gmailの送受信やツイッターアプリなどは、それなりに使えるように思います。画像の多いサイトや動画を閲覧せずに、テキストコミュニケーション中心であれば、存分に力を発揮してくれるのではないでしょうか。

Android 2.2端末としては、最初ボタンが多くて戸惑いました。iPhoneのホームボタンのような機能は、まさに「家」のアイコンにありました。

あと、特徴的なのは戻るためのバックボタンとメニューボタンですね。前の画面に戻るとか、設定を開くといった機能がボタンに割り当てられています。

慣れないと画面をスワイプして戻ろうとしたり、設定アイコンを探してしまったりします。このあたりは“慣れ”だと思います。

個人的な利用用途としては、

・テザリング
・モバイルIPフォン

と考えているので、必要ないアプリを強制終了するためのアプリと、バッテリ残量を表示するウィジェットのみを、Androidマーケットから導入しました。

Googleアカウントを設定していると、知らないうちにGmailが起動していたりするので、もし必要がなければ削除してしまっても良いのかな、と考えています。

中身は素の状態のAndroid 2.2のはずで、外観もそれほど凝っている風でもないのですが、コンパクトなものというのはかくもかわいいのかな、と思ってしまいました。何気にポップで交換できる裏ぶたというものも、ポイント高いですね。

性能にも限りがあり、さてこの中で何ができるのだろうか、というのも、ちょっとワクワクしますし、SIMフリーで日本通信以外のSIMを試せる、というのもワクワクの要因かもしれません。

さて「IDEOS」にどのキャリアのSIMを挿入するのか、ということですが、まずはイーモバイルで利用します。というのも、縛りがあるからです。

しかし、縛りが明けたらどうするか?

しばらくテザリングを利用してみましたが、もちろんメール、ツイッターは問題ありません。ウェブも重いものは表示に時間がかかりますが、用途にもよるでしょう。言われるほど遅くないかな、というのが個人的な印象です。

ライトなテザリング、万が一のモバイルIPフォンと考えると、ドコモエリアの使える日本通信SIMという選択肢もあるのでは、と思いました。

というか、月額3,000円でパケット定額と音声通話って、かなり安いですよね。利用用途を見直してみると、けっこう「IDEOS」で事足りてしまう人もいるかも。もしくは「IDEOS&MacBook Air 11インチ」の組み合わせとか。

スマートフォンなので可能性は広がりますが、あくまでも“軽自動車”ですので、モバイルルータに電話機能がついている、というくらいの認識の方が良い場合もあるでしょう。

しかし、契約の縛りがないというのも、ライトに「IDEOS」を手に出来る要因の一つですね。テザリング、モバイルIPフォンなど、しばらく「IDEOS」で楽しめそうです!

#家電量販店で聞いたところ「Pocket WiFi S」は、別のSIMを使用するとアンテナ表示が圏外になると聞いたので、日本通信の方が良いな、と思った次第です。

ネタフル「IDEOS」購入レポートは以下になります。

“軽自動車スマートフォン”「IDEOS」はかわいい♡(ファーストインプレッション)
「IDEOS」テザリングでスピードテスト(イーモバイルと比較)
「IDEOS」テザリングの使用時間は約4時間15分
「IDEOS」イーモバイルSIMで使ってみる(設定方法・回線スピード)
「IDEOS」テザリングの使用時間は約4時間15分(イーモバイルSIM)
「IDEOS」iPhone/Pocket WiFiとサイズを比較
「IDEOS」Skype Out(携帯電話/固定電話に通話を発信)を試してみた
「IDEOS」テザリングがメイン用途でインストールしたアプリ/ウィジェット

ネタフルでは他にも次のような記事を書いています。

「IDEOS」日本通信のSIMロックフリーなスマートフォン
日本通信のSIMロックフリーなスマートフォン「IDEOS」検討&関連記事
日本通信SIMロックフリーAndroid「IDEOS」レビュー記事
「IDEOS」はスマートフォンの“軽自動車”
日本通信「050モバイルIPフォン」を発表(他社3Gデータ通信サービスでも利用可能!?)

Mac ソフトのことなら act2.com

日本通信 IDEOS スマートフォーン 10 日間の定額データ通信付き BM-SWU300

B004H7Z6UQ

日本通信 IDEOS と一緒にお得にご利用いただけるように6ヶ月+1 ヶ月の無料通信期間が付いたb-mobileSIM U300 限定パッケージ BM-U300-7MSW

B004H8EYC6

日本通信 IDEOS と一緒にお得にご利用いただけるように1年+2 ヶ月の無料通信期間が付いたb-mobileSIM U300 限定パッケージ BM-U300-14MSW

B004H8EYCQ