「IDEOS」に感じた“軽自動車的スマートフォン”という方向性という記事より。

こんな風に、自分が普段PCで使っているサービスをシームレスにモバイル環境で利用できるのが、筆者の感じるスマートフォンの利便性だ。ケータイでしか使えないメールから、ケータイでも使えるメールへ。ケータイでしか見られないスケジュール帳から、ケータイでも見られるスケジュール帳へといった具合に、筆者のモバイルライフはシフトした。

「IDEOS」のレビュー記事です。スマートフォンの使い方は人それぞれだと思いますが、筆者は「iPhoneを携帯電話というより“小さなPC”という感覚で使っている」そうです。

しかし、スマートフォンを手軽に使おうと思っても‥‥

ただ、端末そのものが安く手に入るとしても、スマートフォンは月々の利用料金がフィーチャーフォンの平均的なそれよりも高くなりがちだ(だからこそ、キャリアも値引きキャンペーンを行う)。一般的な契約では、パケット使い放題で月々8000円前後を支払うことになる。ライトユーザーにとっては、なかなか高いハードルである。

ということで、月額料金は確かにハードルになりますよね。

そこで登場したのが「“小さなPC”の世界をもっと燃費よく探検する」ことができる「IEDOS」という訳です。

これまでのスマートフォンを、パワフルで速いけれど維持費のかかる“大排気量のスーパーカー”とし、スペックはやや劣るものの「IDEOS」を燃費の良い“小排気量の軽自動車”としたのは、非常に分かりやすいと思いました。

なんせ非力な軽自動車だから、パフォーマンスは期待できない。画像の多いWebページを開くにはかなり時間がかかるし、そもそもディスプレイの解像度がQVGA(240×320ピクセル)しかないので、Webサイト全体を表示すると文字がつぶれたりする。平地はそれなりに走れるが、坂道を登るときはグッとつらくなる感じだ。

キャリアとの契約に縛りがないのも魅力ですよね。ちょっと「IDEOS」を始めてみて、やはり自分に合わないと思えば止めることもできる訳ですから。

また、テザリングが可能なので、スマートフォンとして使用しなくとも、WiFiルータとしても利用することができます。

ぼくも「面白いな〜」と思いながら、ずっと情報を集めたりレビューを読んだりしています。

ネタフルでも次のような記事を書いています。

「IDEOS」日本通信のSIMロックフリーなスマートフォン
日本通信のSIMロックフリーなスマートフォン「IDEOS」検討&関連記事
日本通信SIMロックフリーAndroid「IDEOS」レビュー記事
「IDEOS」はスマートフォンの“軽自動車”
日本通信「050モバイルIPフォン」を発表(他社3Gデータ通信サービスでも利用可能!?)

日本通信 IDEOS スマートフォーン 10 日間の定額データ通信付き BM-SWU300

B004H7Z6UQ

日本通信 IDEOS と一緒にお得にご利用いただけるように6ヶ月+1 ヶ月の無料通信期間が付いたb-mobileSIM U300 限定パッケージ BM-U300-7MSW

B004H8EYC6

日本通信 IDEOS と一緒にお得にご利用いただけるように1年+2 ヶ月の無料通信期間が付いたb-mobileSIM U300 限定パッケージ BM-U300W-14MSW

B004H8EYCQ

↓恐らく並行輸入品だと思いますが、こちらは19,680円です。

Android OS 2.2 Froyo搭載HUAWEI IDEOS U8150 Simフリー☆Pocket WiFi可

B004F44I6E