B001KBYPGI

もうすぐ花粉症の本格的な季節がやってきます。毎年、苦労している人もおられると思いますが、ちょっとビックリするような数字を伝えているニュースがありました。東京都民の約48%がスギ花粉症と推定というものです。

東京都は、花粉症患者の実態を把握しようとおととし11月から12月にかけて、大田区とあきる野市、調布市で花粉症に関するアンケート調査を行い、回答を得られた2116人のうち410人の協力を得て、血液検査や医師の問診を受けてもらいました。

2016年11〜12月に実施された調査の結果が、2017年12月にまとまり、そこから「スギ花粉を原因とした花粉症患者は、都民の48.8%に上ると推定される」ということが明らかになったのだとか。ほぼ都民の2人に1人ではないですか。

この数字は東京都と埼玉県では違ってくるのでしょうかね。それにしても、まさかこんなにスギ花粉症の人が多いとは思いませんでした。

年齢別では、15歳から29歳が61.6%、30歳から44歳が57%、45歳から59歳が47.9%など

年齢別でみると、若い世代の方がスギ花粉症が多いです。「乳幼児の食物アレルギーが増え花粉症を併発している可能性がある」と分析されています。