B0077QMCN8

人間の寿命は125歳を超えることは難しい‥‥そんな研究結果が発表されたそうです。“125歳超えは無理 人間の寿命に限界” 米研究グループというニュースになっていました。

世界各国で、最も高齢の人たちの寿命は延びが止まっていて、人間が125歳を超えて生きることは将来的にも難しいとする研究結果を、アメリカのグループが発表しました。

これは人口統計による分析から明らかになったことだそうです。

各国の平均寿命は伸びているものの、100歳を超えるような高齢では「1980年代以降寿命は延びなくなった」のだとか。

さらに長寿の人が多い日本やフランスなどで最高齢の人が亡くなった年齢を調べたところ「1970年ごろから90年代前半までは、毎年0.15歳ずつ延び続け」ていたものの、1997年からは下がる傾向にあるということです。

統計による推測なので、もしかするとさらなる医学の発達で125歳を超える可能性もあるのかもしれませんが、それ以上を健康なままで生きることはできるのでしょうか。